コラム
Lyrics by ryochan
「RAIA」

渇いた CAMPに 砂塵が舞う
キャラバンは続くよ
安らぎの地を求め彷徨う
何処まであなたの旅は続くのだろう

カップ一杯のスープと一欠片のパン
飢えた人々の列が いつまでも続く
泣くことも忘れて 笑うこともわからないまま
あなたは ただ 遠くを見つめる

抱きしめられていた あの日
一瞬の光で すべては消え去った
楽しかった思い出も 何もかも

RAIA もう一度 あなたの腕で 抱きしめて
永遠の夢を見させてくれないか
お願いだ RAIA お願いだから…。 

空気は冷たい刃のように
あなたの衣服を 切り裂いた
夜空に輝く星々の瞬きは
偽りの静寂を 映し出す

何処に行けば 魂は救われるのだろう
暗闇の中で あなたは じっと遠くを見つめる

抱きしめられていた あの日
一瞬の光で すべては消え去った
楽しかった思い出も 何もかも

RAIA もう一度 あなたの腕で 抱きしめて
永遠の夢を見させてくれないか
お願いだ RAIA お願いだから…。 

歩き続けた スニーカーには血が滲み
それでもあなたは歩き続ける
眠ることもしないで 怯えることもしないで

瞳の中に 密かに隠した真実を
僕がそっと拾ってあげる
瞳の奥に あなたが隠した真実を
僕が そっと拾ってあげるから
涙とともに あふれさせてごらん

RAIA あなたも 誰かの腕に抱きかかえられ
永遠を夢見ていた時があっただろう

もう一度 抱きしめて あなたの真実を
お願いだ RAIA お願いだから…。
もう一度 抱きしめて 
戻る                  次へ